プロフィール
管理者:しらせ(HN)
とあるIT企業のインフラエンジニア。プライベートでは開発もちょっとやります。
※本ブログの内容はすべて個人の見解であり、所属する企業とは関連ありません。
カテゴリ別
内部リンク
[PR]
Twitter
来訪
296050 [合計]
88 [今日]
177 [昨日]
Powered by
Powered by AWS Cloud Computing

ByProduct - FukuSanButsu
ふくさんぶつBlog
社内インフラエンジニア
インフラを学ぶ学生や企業のIT担当者のために


【検証】FreeNAS11を触ってみた1/3

Date:2021/01/10 00:08:58
Category:ストレージ


お疲れ様です。
しらせです。

休日、家に引きこもってたら急にFreeNASが恋しくなったので動かして遊んでみました。

次期バージョンではTrueNASに名称変更される旨もアナウンスされているFreeNASですが、ブロックストレージとしてのiSCSIからファイルストレージとしてのNFSやSMB、AmazonS3ストレージまで多彩な使い方ができるのが特徴です。

以前FreeNAS8系を触っていた時代からもう3つもメジャーバージョンが上がっていたのですね。
今回は「FreeNAS-11.3-U2.1」を試してみます。

TrueNAS - ja.wikipedia.org
https://ja.wikipedia.org/wiki/TrueNAS

もくじ




インストール

今回基盤はWindows10付属のHyper-vを使います。

ベースとなるマシンのメモリサイズは8GBじゃないと動かないです。
OS領域としてのディスクサイズは64GBにしてみます。



ディスクイメージからマウントしてインストールをはじめます。



この辺りは昔と全く同じですね。
内容もシンプルでわかりやすい。



インストール後の初回起動で死。
BIOSだと微妙にうまくいかないのでUEFIで再チャレンジ。


続行すると普通に起動する。
IPアドレス、DNSくらいは設定しておく。


まずUIめっちゃ進化してる。(気がする)

めっちゃ進化してた!
iXsystems。


とりあえず言語は日本語にしてみましょうか。
ところどころ英語のままですが表現に特に変な感じはありません。






ディスク追加

ストレージなのにOS領域しか積んでないとかつまらないのでディスクを6本くらい追加してみます。

シャットダウンしたFreeNASに対して、SCSIコントローラーにディスクをモリモリ乗っけていきます。
IDEはディスク1つしか追加できないのでデイジーチェーンが可能なSCSIに変更です。

ディスクの初期化に時間がかかるので容量は可変です。



起動すると、、、

6本ちゃんと認識されました。
モデルのMsftのFTって何の略でしょうね。





プール作成

ディスクを追加しただけでは使えないので、ディスクを束ねてデータ領域として扱うための「プール」を作ります。

複数のディスクを束ねて1つの領域として扱うことで、物理的な制約(ディスク1つだと壊れてデータが消えたりする)を回避できます。
いわゆるRAIDですね。




4つは、データが保存される領域として使います。
残り2つは、4つのディスクが壊れた時用のスペアとして割り当てます。

RAIDはz2を指定しています。
デュアルパリティなので実質ディスク2本分が使えないと思えばいいでしょう。

操作がすごくわかりやすい。




続行するとすぐにプールができました。
もちろんディスクは初期化されます。

8GB x (4-2) で16GB使えるかと思ったら、11GBちょっとしかない。
結構効率悪そう。





画像添付が多くなるので続きは次回へ。
次回はユーザー作成やSMB共有、ActiveDirectory連携などをやってみる予定です。



Views:58 この記事をツイート!